研修に参加して

昨年の9月から今年の3月まで全4回に亘り東京都内で行われました、日本の歯科衛生士の最高レベルの先生方の講習会に出席し、最新の歯周病治療の知識と技術を学んできました。 近年、歯周治療の目的は単にプラーク(細菌の塊)や歯石(プラークが石灰化したもの)などを除去し、口腔内の環境を改善させるだけでなく、全身疾患(心臓病、脳血管障害、肺炎、糖尿病など)の予防に貢献し、患者様の健康寿命を保つことが可能となっております。 今回の研修で得られた知識や技術を活かし、神田歯科医院に来院された患者様の健康回復に貢献できるようにさらに努力を重ね、皆様に喜んで頂けるように頑張っていきたいと思います。 今回の研修の機会を与えてくださり、協力頂いた院長先生、副院長先生には感謝申し上げます。                                                                                  歯科衛生士 内田

at 09:12, kandadental, -

-, -, - -

舌癌について

タレントの堀ちえみさんが先日、舌癌と診断され無事手術が成功したとの報道がありました。

これから長く辛い抗がん剤治療と嚥下・発音障害へのリハビリに頑張って頂きたいと思います。

同時に一日も早い回復を祈っております。

 

このような口腔粘膜(舌の縁・舌の下・頬の内側・歯ぐき)に生じた異変に、患者さん自身が

口内炎ができたと素人(失礼!)判断せず、歯科医院を受診することをお勧めいたします。

 

舌癌も初期は、よくある口内炎と区別が付きにくいものです。

通常の口内炎はどんなに長くても一週間から10日で消滅いたします。

同じ場所に2週間以上存在していて大きさも増してきた、表面が白い膜を張っている、

硬いシコリがある、表面が凸凹していないかなど鏡をみて、変化をよく観察してください。

 

いずれにしましてもおかしいと感じましたら早めに歯科医院を受診することが最も大事です。

 

               神田歯科医院 院長 神田 茂

at 17:13, kandadental, -

-, -, - -

学術集会へ出席しました

7月1日、歯科学研究所 インプラント部会の学術集会へ認定インプラント歯科衛生士として出席してきました。

『インプラント治療のエビデンス』 『インプラント周囲炎に対するアプローチ』と言う講演でした。

インプラントを植立する前にメンテナンスの重要性をしっかり伝え、患者さんの心の不安、疑問を聞き、患者さんの立場に立って色々とサポートをしていくために、知識を身に付けていかなければいけないと改めて感じました。

          小菅 恵



学術集会

at 10:00, kandadental, -

-, -, - -

研修を終え帰国しました

私、副院長はアメリカ合衆国ボストン市にあるハーバード大学歯学部での研修を修了し2月下旬に帰国しました。ボストンはニューヨークのさらに北300kmに位置し、雪の降る日は予想通り寒い日もありましたが、全般的には日本より暖かい日が多く過ごし易いと感じました。大学では、世界のトップクラスで活躍する先生方の授業を学ぶことができ、もの凄く刺激を受けて来ました。英語力が乏しいにも拘わらず、身一つで飛び込んで来ましたが、無事に修了できて現地の先生方には感謝一杯でした。帰国した翌日から診療というハードな日程でしたが、世界基準の研鑽を積み重ねることができたので、今後は学んだことを神田歯科に来院された患者さんに還元し頑張って精進してまいります。    (副院長・神田雄紀)

 

  

 

  

 

  

at 16:54, kandadental, -

-, -, - -

群馬県歯科医師野球大会

10月9日に群馬県歯科医師野球大会が行われ、

我が前橋歯科医師会チームが優勝の栄冠を

勝ち取ることが出来ました。

現エースの怪我により、元エースであった監督の私に10年振りに

先発のチャンスが巡ってきました。

還暦を過ぎての先発でどうなるかと思いましたが、

いざふたを開けると、日頃の節制やトレーニング、ストレッチなどの

成果により、思った以上の投球ができ見事、優勝に貢献出来たと思います。

                              院長 神田

 

at 22:37, kandadental, -

-, -, - -